番町喜楽会第137回例会

 

参加21人で「朧」と「おたまじゃくし」を詠む

 

番町喜楽会の平成29年3月例会(通算137回)は、3月6日(月)午後6時30分から、「朧」と「おたまじゃくし」を兼題に、九段下の千代田区立生涯学習館で行われた。出席者は19名、投句参加者は2名、投句総数104句と相変わらずのにぎやかな句会となった。選句6句で句会を行った結果、最高点は7点で、嵐田双歩さんの「朧夜の大地うごめく気配かな」と前島幻水さんの「ふくらんで空へ空へと花こぶし」が並んだ。次席は5点で山口斗詩子さんの「帰りきて雛に挨拶する夕べ」と「涅槃会の空億万の杉花粉 水牛」の雑詠句2句が肩を並べ、さらに三席4点には5句がひしめき合った。以下、3点が6句、2点11句、1点35句という結果になった。最近の番町喜楽会は激戦が続き得票が分散、2点句、1点句がとても多くなる。今回もそれが顕著になった。兼題別の高点句(3点以上)は次の通り。

「朧」(「朧夜」も可とする)

朧夜の大地うごめく気配かな        嵐田 双歩

ちょと来いと鳴く鳥のいて草朧       大澤 水牛

傘寿会はなからおぼろ朧かな        田中 白山

朧夜や連れ立ちて行く通夜の家       高井 百子

朧夜や喪服にかすかナフタリン       玉田春陽子

前山寺未完の塔や朧月           堤 てる夫

「おたまじゃくし」

叱られて蝌蚪の卵を捨てにけり       高井 百子

おたまじゃくしみんな兄弟水たまり     徳永 正裕

蛙の子流れに出でて流れけり        今泉 而云

おたまじゃくし進まぬやうに泳ぎをり    大澤 水牛

曾孫待つ父から便り蝌蚪に足        谷川 水馬

「当季雑詠」

ふくらんで空へ空へと花こぶし       前島 幻水

涅槃会の空億万の杉花粉          大澤 水牛

帰りきて雛に挨拶する夕べ         山口斗詩子

ぽあぽあと春の噴き出る里の山       高井 百子

 

〈参加者〉【出席19人】嵐田双歩、池内健治、井上啓一、大澤水牛、大下綾子、齋山満智、須藤光迷、高井百子、高瀬大虫、田中白山、谷川水馬、玉田春陽子、堤てる夫、徳永正裕、野田冷峰、廣田可升、星川佳子、前島幻水、山口斗詩子、【投句参加2人】今泉而云、澤井二堂

(報告・大澤水牛)

 

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第156回例会

 

178句の投句に高得点句続出

 

日経俳句会は2月15日(水)、千代田区内神田の日経広告研究所会議室で2月例会(通算156回)を開いた。立春後、北風が吹き春浅い日々が続く中、22人が出席した。

兼題は「春浅し」と「梅」。投句参加14人を加え、36人から合計178句とこれまでの最高投句数を記録した。7句選(欠席選句は5句)で句会を進めた結果、最高点は10点で大澤水牛さんの「禿頭をすべりゆく風春浅し」。水牛さんは先月に続き一席連発。二席は9点で谷川水馬さんの「正座する盲導犬や梅日和」。三席は岩田三代さんの「汁椀を両手で包む余寒かな」と大石柏人さんの「山歩く足の裏から春が来た」が7点と高得点句が続出した。以下、「飛梅や転勤辞令唐突に」(直井正)6点、「脳血管珊瑚の如し冴え返る」(而云)、「掛けなおす子どものふとん春浅し」(ヲブラダ)5点と続き、4点8句、3点13句、2点28句、1点44句だった。高点句(3点句以上)は以下の通り。

「春浅し」

禿頭をすべりゆく風春浅し     大澤 水牛

掛けなおす子どものふとん春浅し  高橋ヲブラダ

藁葺きの屋根より蒸気春浅し    大熊 万歩

春浅し新キャプテンの声あをし   金田 青水

乗り手待つボートの群れや春浅し  中村  哲

春浅し胸ポケットに救命丸     橫井 定利

浅春や鯉の尾動く神田川      植村 博明

リビングに淡き陽の影春浅し    久保田 操

春浅し声には出さず経を読む    須藤 光迷

薄ら日に溶け込む塔や春浅し    高瀬 大虫

浅春や身震い一つ猫の黙      水口 弥生

「梅」

正座する盲導犬や梅日和      谷川 水馬

飛梅や転勤辞令唐突に       直井  正

救急車音なく来たる夜の梅     今泉 而云

盆栽の小さき宇宙梅かをる     久保田 操

縮む背を叩き伸ばして梅日和    大澤 水牛

縁切りの寺に盛るや梅の花     久保田 操

鬼逃げし窓より入りぬ夜の梅    須藤 光迷

「当季雑詠」

汁椀を両手で包む余寒かな     岩田 三代

山歩く足の裏から春が来た     大石 柏人

脳血管珊瑚の如し冴え返る     今泉 而云

喜寿傘寿米寿息災初句会      大倉悌志郎

恋愛に正解の無き薄氷       橫井 定利

春立つや涙の似合ふ相撲取     嵐田 双歩

如雨露からそっと取り出す薄氷   井上庄一郎

朝市の青菜の中の花菜かな     大熊 万歩

立春や秩父連山淡く映ゆ      髙石 昌魚

どことなく腰の据わらぬ二月かな  谷川 水馬

 

【参加者】(出席)嵐田双歩、池村実千代、井上庄一郎、今泉而云、岩田三代、大倉悌志郎、大澤水牛、大沢反平、岡田臣弘、澤井二堂、杉山智宥、鈴木好夫、高石昌魚、髙瀨大虫、堤てる夫、徳永正裕、中嶋阿猿、野田冷峰、廣上正市、星川佳子、水口弥生、横井定利

(投句参加)植村博明、大石柏人、大熊万歩、大下綾子、大平睦子、加藤明男、金田青水、久保田操、須藤光迷、高橋ヲブラダ、谷川水馬、直井正、中村哲、藤野十三妹

(まとめ・嵐田双歩)

 

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会第136回例会

参加20人で「立春」と「鶯」を詠む

番町喜楽会の平成29年2月例会(通算136回)は、2月4日(土)午後6時から、「立春」と「鶯」を兼題として九段下の割烹「味さと」で行われた。出席者は16名、投句参加者は4名、投句総数97句。選句6句で句会を行った結果、山口斗詩子さんの「頼りなき歩幅も伸びて春立つ日」が6点でトップに輝いた。次いで、須藤光迷さんの「もう何も欲しいものなし日向ぼこ」が5点を獲得した。以下、4点3句、3点9句、2点14句、1点が33句だった。兼題別の高点句(3点以上)は次の通り。

「立春」

頼りなき歩幅も伸びて春立つ日     山口斗詩子

立春の土やはらかく湿りけり      嵐田 双歩

白冨士に笠雲のせて春立てり      星川 佳子

顔ほどの肉饅立春中華街        大澤 水牛

春立つや祖父から届くランドセル    高井 百子

立春や胡桃の新芽ぷくぷくり      谷川 水馬

春立つや鉋の削る檜の香        玉田春陽子

「鶯」

鶯や一筆箋で詫ぶ無沙汰        広田 可升

存分に鶯鳴くや一揆の地        玉田春陽子

鶯の声近うして遙かなり        嵐田 双歩

「雑詠」

もう何も欲しいものなし日向ぼこ    須藤 光迷

足跡はあの黒猫か庭の雪        高井 百子

父と子の肩車行く春の駅        谷川 水馬

勤行の止みて始まる猫の恋       廣田 可升

〈参加者〉【出席16人】嵐田双歩、井上啓一、今泉而云、大澤水牛、須藤光迷、高井百子、高瀬大虫、田中白山、谷川水馬、玉田春陽子、堤てる夫、徳永正裕、廣田可升、星川佳子、前島幻水、山口斗詩子、【投句参加4人】池内健治、齊山満智、澤井二堂、野田冷峰

(報告・谷川水馬)

 

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

三四郎句会平成29年幕開け句会

 

「どんど焼き」や「新年」「枯草」を詠む

三四郎句会の2017年1月例会(第46回)は19日午後1時半から東京・神田錦町の宗保第二ビル内で行われた。出席者は12人。欠席投句・選句の2人を加えて参加者は14人となった。今回の兼題は「どんど焼き」「枯草」「新年一般」で、選句の結果、「のど飴を含みて独り寒座禅」(今泉而云)が最高点の6点を獲得。「獅子舞に赤子を噛ませ皆笑顔」(田村豊生)と「厄年はもう来ぬ齢燗熱し」(岡本崇)が4点。3点句は9句が賑やかに並んだ(下記参照)。

◇出席者 石黒賢一 石丸雅博 今泉而云 宇佐美論  宇野木敦子 河村有弘  後藤尚弘 竹居照芳 田村豊生  深瀬久敬 吉田正義 渡邉信=12人

◇欠席投句選句者 印南進 岡本崇=2人

第46回三四郎句会兼題別高点句(三点以上)

「どんど焼き」

どんど焼き火柱天を突き抜けり     宇佐美 諭

流木も泡を噴きそむ浜とんど      岡本   崇

天かけて龍立ち昇るどんど焼き     吉田 正義

「枯草」

枯草の田畑原野に戻りつつ       今泉 而云

枯草や大地にいのち宿しけり      宇佐美 諭

枯草の匂ひ振りまき子らまろぶ     河村 有弘

枯草や轍の間にうずくまり        石黒 賢一

「新年一般」

乾きける柏手の音初社          吉田 正義

「当季雑詠」

のど飴を含みて独り寒座禅       今泉 而云

厄年はもう来ぬ齢燗熱し         岡本  崇

獅子舞に赤子を噛ませ皆笑顔     田村 豊生

武蔵野の枯葉を浴びて郷の墓     印南  進

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第155例会・新年句会

「寒」「ラグビー」に最多の百七十四句

而云・水牛両氏が最高点の揃い踏み

日経俳句会は1月18日(水)、千代田区内神田の日経広告研究所会議室で1月例会(通算155回)を開いた。「寒」と「ラグビー」の兼題と雑詠に、例会としてはこれまでで最多の35人から174句が集まった。今にも雪になりそうな空模様にも関わらず23人が出席。新たにメンバーに加わった岩田三代さんの自己紹介の後、句会に入った。

この日の最高点は8点で、今泉而云さんの「ラグビーの一人たちまち風となる」と、大澤水牛さんの「初鶏や英尾師逝きて一巡り」が並んだ。而云さんは「しめ縄に残る青さや寒に入る」「ラガーメン押すや二頭の牛と化し」もそれぞれ6点を獲得し面目躍如。次席の7点句は岡田臣弘さんの「寒銭湯老いし刺青泣きさうな」。6点句は髙石昌魚さんの「丸き背の連なる寒の交差点」と星川佳子さんの「あら塩の浮く梅干や寒の入」が選ばれた。

このほか、5点句は「涙拭くラガーの太き腕(かいな)かな」(大下綾子)、「老人のどれも似合ひの冬帽子」(嵐田双歩)など5句。4点句は「寒に入る競歩のごときサラリーマン」(髙橋ヲブラダ)、「地球から水吸い上げて霜柱」(岩田三代)など5句。以下、4点6句、3点8句、2点26句、1点43句だった。兼題別の高点句(3点以上)は以下の通り。

「寒」

寒銭湯老いし刺青泣きさうな      岡田 臣弘

しめ縄に残る青さや寒に入る      今泉 而云

丸き背の連なる寒の交差点       髙石 昌魚

あら塩の浮く梅干や寒の入          星川 佳子

本堂の床の軋みや寒の寺                  嵐田 双歩

堂歩む僧の素足や寒の行              中村 哲

寒に入る競歩のごときサラリーマン   髙橋ヲブラダ

寒夕焼水上バスを飲み込みぬ      横井 定利

孫たちが帰りわが家も寒に入る     井上庄一郎

寒行の一行もをり夜行バス       今泉 而云

蛇口から水細く出す寒の内       岩田 三代

寒晴れや陽だまりに妻丸くゐて     大沢 反平

クラナハの笑はぬ瞳寒の入       星川 佳子

「ラグビー」

ラグビーの一人たちまち風となる    今泉 而云

ラガーメン押すや二頭の牛と化し    今泉 而云

涙拭くラガーの太き腕かな         大下 綾子

包帯をざっと巻きたるラガーかな    星川 佳子

いい嫁になりそうラガー見つめる眼   髙瀨 大虫

わがラガーに弁当三つ持たせけり      池村実千代

観戦もスクラム姿勢や元ラガー     澤井 二堂

「当季雑詠」

初鶏や英尾師逝きて一巡り       大澤 水牛

老人のどれも似合ひの冬帽子      嵐田 双歩

地球から水吸い上げて霜柱       岩田 三代

鴨の来て池の景色の整ひぬ       澤井 二堂

駅伝の人波ほどけ御空澄む       水口 弥生

どんど焼きいたづらつ子も手を合わせ  井上庄一郎

《参加者》(出席二十三人)嵐田双歩、池村実千代、井上庄一郎、今泉而云、岩田三代、大熊万歩、大澤水牛、大沢反平、澤井二堂、杉山智宥、鈴木好夫、高石昌魚、高瀬大虫、堤てる夫、徳永正裕、直井正、中嶋阿猿、中村哲、野田冷峰、廣上正市、星川佳子、水口弥生、横井定利。(投句参加十二人)植村博明、大石柏人、大下綾子、大平睦子、岡田臣弘、金田青水、久保田操、須藤光迷、高橋ヲブラダ、谷川水馬、流合研士郎、藤野十三妹。    (報告 廣上正市)

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

酔吟会第126回例会

「新年」と「炬燵」で幕開け

中沢義則、岡田陽々さんが初参加

 

酔吟会は1月14日午後1時、千代田区内神田の日経広告研究所会議室において、平成29年度初例会(通算126回)を開催した。兼題は「新年一般」と「炬燵」。出席者14名、投句参加5名。今回から日経文化部編集委員の中沢義則氏が参加、また双牛舎のホームページ見て句会見学を申し出ていた秋田県湯沢市観光協会(東京事務所)の岡田陽々さんが見学参加した。

投句5句、選句7句で句会を進めた結果、最高点は五点で岡田臣弘さんの「うたた寝の炬燵の母の小さきこと」の1句。臣弘さんは「雌鶏の小言で新年迎えをり」も次点の4点を獲得した。4点句は他に高井百子さんの「末っ子の位置は角っこ掘炬燵」、野田冷峰さんの「初富士や東久留米の駅舎から」「御代の春濠の漣退位論」の2句。初参加の岡田陽々さんの「書初の子の字の「走」走り出す」、堤てる夫さんの「家中がものぐさになる炬燵かな」、片野涸魚さんの「地吹雪に鍛え磨かれ津軽弁」の計7句と多く、逆に3点句は3句と少なかった。兼題別3点句以上は以下の通り。

「新年一般」

雌鶏の小言で新年迎えをり      岡田 臣弘

初富士や東久留米の駅舎から     野田 冷峰

書初め子の字の「走はしる」走り出す  岡田 陽々

初詣大股でゆく晴れ着かな      野田 冷峰

腹八分老いて六分や七草粥      玉田春陽子

「炬燵」

うたた寝の炬燵の母の小さきこと   岡田 臣弘

末っ子の位置は角っこ掘炬燵     高井 百子

家中がものぐさになる炬燵かな    堤 てる夫

小料理屋湯たんぽを置く炬燵かな   高井 百子

「雑詠」

地吹雪に鍛え磨かれ津軽弁      片野 涸魚

御代の春濠の漣退位論        野田 冷峰

参加者(出席)今泉而云,大澤水牛、大沢反平、大平睦子、岡田陽々、片野涸魚、久保田操、高井百子、谷川水馬、玉田春陽子、堤てる夫、徳永正裕、中沢義則、野田冷峰、(投句参加)大石柏人、岡田臣弘、澤井二堂、藤野十三妹、星川佳子

(記録高井百子)

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会第135回例会

 

「冬の日」と「雪女」を詠む

 

番町喜楽会の平成29年幕開け句会(通算第135回例会)は、成人の日の1月9日午後1時半から東京・九段下の「千代田区生涯学習館」で開かれた。祝日のうえ、通常は夜に行っていたものを昼に移したことや風邪の流行もあり、欠席投句参加が6人に上った。兼題は「冬の日」と「雪女」。「雪女」は投句33句のうち17句が得点なしという、難題ぶりを物語る結果になった。

句会は、投句5句、選句6句で行った。最高は玉田春陽子さんの「冬の日の空降りてくる硝子拭」と徳永正裕さんの「老桜の余さず浴びる冬日かな」でともに6点。5点は廣田可升さんの「淋しけりや一杯やらんか雪女郎」と田中白山さんの「煤払床(ゆか)に娘のピアノ跡」、山口斗詩子さんの「餅も菜も小さく刻み雑煮膳」が並び、4点は大下綾子さんの「いっせいにビル輝ける初日の出」と「身の上は知らぬいつもの雪女 可升」「冬の日や一坪ほどの白洲跡 春陽子」の3句。3点も5句と少な目。その一方、2点が16句、1点が三十句にも上った。兼題別の高点句(3点以上)は次の通り。

「冬の日」

冬の日の空降りてくる硝子拭        玉田春陽子

老桜の余さず浴びる冬日かな        徳永 正裕

冬の日や一坪ほどの白洲跡         玉田春陽子

冬の日の一句ベンチに置き忘れ        今泉 而云

「雪女」

淋しけりや一杯やらんか雪女郎       廣田 可升

身の上は知らぬいつもの雪女        廣田 可升

雪女郎監視カメラに影のこし        玉田春陽子

「雑詠」

煤払床(ゆか)に娘のピアノ跡       田中 白山

餅も菜も小さく刻み雑煮膳         山口斗詩子

いっせいにビル輝ける初日の出       大下 綾子

補助輪の外れ晴れやか春近し        須藤 光迷

風抜けて塩田平に凧揚がる         高井 百子

初参り産土神へ一里半           堤 てる夫

《参加者》

(出席十五人)嵐田双歩、井上啓一、今泉而云、大澤水牛、齊山満智、須藤光迷、高井百子、高瀬大虫、田中白山、谷川水馬、玉田春陽子、堤てる夫、徳永正裕、廣田可升、前島厳水。(投句参加六人)池内健治、大下綾子、澤井二堂、野田冷峰、星川佳子、山口斗詩子。(報告・須藤光迷)

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

新春恒例行事・浅草名所七福神吟行

 

25人で快晴の浅草を闊歩

 

日経俳句会と番町喜楽会合同の新春七福神巡りは1月7日(土)午前9時、浅草雷門・浅草寺を起点に、ゴールは大根祭で賑わう待乳山聖天まで合計9寺社を訪れるコースで行われた。参加者は25人、高齢者の「らくらくコース」組と健脚向けの「フルコース」組に分かれたのが奏功して、全員が午後1時、打ち上げ懇親会場の言問橋西詰の老舗天麩羅屋「金泉」に到着した。

浅草七福神巡りは日経の旧酔吟会が平成19年1月に挙行、季節外れの豪雨に見舞われ「途中断念」という苦い体験をした。びしょ濡れで「金泉」に掛け込んだ十年前と違って、今回は冬晴れの穏やか日和に恵まれ「完歩」の宿願を果たした。

福詣句会は恒例により、メール句会方式で投句選句とも5句で実施した。作品には天・地・人に入選の格付けをした。その結果、今泉而云さんの「福詣昔紅蓮の空の下」に天賞が四つ、同じく「平和とは斯くなるものか福詣」にも天賞三つが付いた。また廣田可升さんの「道具屋の鍋に陽のさす御慶かな」にも天賞三つ、可升さんには「風呂吹きの湯気そつと吹く唇の紅」(天5、地3、人2、選+選=12点)もある。参加25人の代表句は下記の通り。

【参加者】「フルコース」(浅草寺、浅草神社、矢先神社、鷲神社、吉原神社、石浜神社、橋場不動尊、今戸神社、待乳山聖天)には、リーダー大澤水牛、嵐田双歩、池内健治、池村実千代、今泉而云、岡田臣弘、大下綾子、杉山智宥(自転車利用)、田中白山、谷川水馬、徳永正裕、廣田可升、中村哲=13人。「らくらくコース」(浅草寺、浅草神社、鷲神社、吉原神社、今戸神社、待乳山聖天)にはリーダー澤井二堂、井上啓一、大平睦子、片野涸魚、須藤光迷、高井百子、高瀬大虫、堤てる夫、野田冷峰、藤野十三妹、前島幻水、水口弥生=12人。

《七福神参加者代表句》

ふろふきや神も仏も相和して    嵐田 双歩(待乳山聖天の大根祭)

初夢を客に托した演芸場      池内 健治(浅草奥山風景)

七福神ついでに鍋を見る私     池村実千代(合羽橋道具街)

猫二匹縁をとりもち冬ぬくし    井上 啓一(今戸神社の招き猫)

福詣昔紅蓮の空の下        今泉 而云(吉原弁天界隈)

楽コースといふのもありて福詣   大澤 水牛(健脚組とらくらく組)

颯爽と自転車とばす年男      大下 綾子(レンタサイクルだとか)

寒の空下町の神上機嫌       大平 睦子(浅草は九福神で賑やか)

弓初め矢先はぴたり福禄寿     岡田 臣弘(矢先稲荷は弓と馬の神)

いつの世も祈りは絶えず寒椿    片野 涸魚(浅草寺境内に)

猪牙仕立て吉原遊びの夢詣     澤井 二堂(こういう夢見るのも浅草)

福禄寿ここにもちゃっかり招き猫  杉山 智宥(今戸神社は福禄寿)

福詣雷門を振り出しに       須藤 光迷(朝9時出発)

風呂吹きの長蛇の列やスカイツリー 高井 百子(聖天さんから向島を眺む)

仲見世の開く音くぐり福詣     高瀬 大虫(ようやく店が開き始めた)

冬晴や影向堂の金の鴟尾      田中 白山(浅草寺の大黒天が鎮座)

オクトパスボールの屋台福詣    谷川 水馬(なるほどタコヤキですか)

山谷堀むかし知らぬ子日向ぼこ   堤 てる夫(今は埋め立てられ公園に)

冬うらら今戸の絵馬の円き山    徳永 正裕(縁結びの絵馬はまん丸)

巡り終え年の酒汲むえびす顔    中村  哲(打上げは老舗天麩羅屋)

七福神苦界の池の錦鯉       野田 冷峰(吉原弁天には優美な鯉)

風呂吹きの湯気そつと吹く唇の紅  廣田 可升(確かに若い美人がいた)

福大根抱きし句友の顔眩し     藤野十三妹(お下がり大根にニコニコ)

浅草の元気をもらふ福詣      前島 幻水(浅草は活気づいている)

福禄寿あまたの願ひ長頭に     水口 弥生(皆の願いが詰まって・・)

(まとめ・報告 堤てる夫)

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

 日経俳句会平成28年度下期合同句会(通算23回)

「雪」と「河豚」を詠む

日経俳句会は12月21日の年次総会の後、下期合同句会(通算23回)を開催した。兼題は「雪」と「河豚」で雑詠句を合わせて3句投句、4句選句で、事前に選句までメールで済ませる日経俳句会方式を採用した。参加者は出席24人、投句参加13人の合計37人。投句総数は110句。

その結果、最高は今泉而云さんの「ふぐ刺の透けて浮かびし海の青」の9点句。次席は植村博明さんの「降る雪やビニール傘の小宇宙」の8点句。三席は6点句で、澤井二堂さんの「宅急便街の寒さも届きけり」、玉田春陽子さんの「ふぐ刺や皿一面に青海波」、徳永正裕さんの「世の音を吸込み雪の降りしきる」、中嶋阿猿さんの「悪口も愚痴も尽きたり河豚雑炊」の4句が並んだ。5点句は1句、4点5句、3点句8句と続いた。兼題別の高点句(3点以上)は次の通り。

「雪」

降る雪やビニール傘の小宇宙        植村 博明

世の音を吸込み雪の降りしきる       徳永 正裕

お父さんやっぱり雪と妻の声        今泉 而云

雪原に満天の星こぼれ落つ         久保田 操

外は雪胸に冷たき聴診器          澤井 二堂

傘に聞く雪から雨にかはる音        玉田春陽子

俎板の音軽やかに雪の朝          須藤 光迷

雪睨む伍長の像や八甲田          谷川 水馬

越後路や瞽女の声聞く雪の中        野田 冷峰

「河豚」

ふぐ刺の透けて浮かびし海の青       今泉 而云

ふぐ刺や皿一面に青海波          玉田春陽子

悪口も愚痴も尽きたり河豚雑炊       中嶋 阿猿

ひと箸で河豚刺しさらふ野郎かな      廣上 正市

河豚鍋や運否天賦の八十年         大澤 水牛

河豚鍋やたのしき仲間と悪口と       大沢 反平

「雑詠」

宅急便街の寒さも届きけり         澤井 二堂

はじまりは冬満月の拾い物         横井 定利

小春日や昼席で聞く艶話          大倉悌志郎

年の市老舗で求む夫婦箸          岡田 臣弘

数へ日の喪中葉書を繰る夜かな       徳永 正裕

《参加者》(出席二十四人)池村実千代、井上庄一郎、今泉而云、大石柏人、大澤水牛、大下綾子、岡田臣弘、澤井二堂、杉山智宥、高井百子、高石昌魚、高瀬大虫、谷川水馬、玉田春陽子、堤てる夫、徳永正裕、直井正、中嶋阿猿、中村哲、野田冷峰、廣上正市、藤野十三妹、星川佳子、横井定利、(投句参加十三人)嵐田双歩、植村博明、大熊万歩、大倉悌志郎、大沢反平、大平睦子、片野涸魚、金田青水、久保田操、須藤光迷、高橋ヲブラダ、流合研士郎、水口弥生

(報告・堤てる夫)

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会第134回例会

賑やかに忘年句会

「鮟鱇」と「小春」で冷峰、幻水トップ分け合う

番町喜楽会の平成28年12月の例会(通算134回)は、12月3日(土)午後6時から、「鮟鱇」と「小春」を兼題に、九段下の割烹「味さと」で開かれた。投句者20名(投句総数98句)のうち19名が出席するという賑やかな忘年句会となった。6句選句で句会を進めた結果、野田冷峰さんの「鮟鱇の身に覚えなき吊るし切り」と前島幻水さん(厳水を改名)の「小春日や子犬の待てぬ長話」が5点でトップに輝いた。以下、4点が4句、3点12句、2点11句、1点が36句と続いた。兼題別の高点句(3点以上)は次の通り。

「鮟鱇」

鮟鱇の身に覚えなき吊るし切り     野田 冷峰

鮟鱇や風評といふ向う傷        徳永 正裕

鮟鱇鍋妻と迎える定年日        池内 健治

鮟鱇をぶらさげてゆく渚かな      井上 啓一

鮟鱇鍋百年超えし下足札        今泉 而云

快癒あり入籍のあり鮟鱇鍋       大下 綾子

鮟鱇鍋煮立ちて噂ばなし止む      廣田 可升

「小春」

小春日や子犬の待てぬ長話       前島 幻水

テラスより埋まる小春のカフェーかな  嵐田 双歩

水牛に休養日あり島小春        今泉 而云

瀬戸内の小島大島小春凪        嵐田 双歩

Sの字に孫駆け回る小春かな       高瀬 大虫

小春日や空席待ちのテラス席      玉田春陽子

「雑詠」

涙目で挨拶さるる焚火かな       嵐田 双歩

鴨泳ぐずっと前から居る顔で      大澤 水牛

たぷたぷと君に注ぎましょ今年酒    齊山 満智

職を引き何もせぬまま菊盛ん      高井 百子

日にかかげ風にかざすや干し大根    玉田春陽子

〈参加者〉

【出席19名】嵐田双歩、井上啓一、今泉而云、大下綾子、大澤水牛、齊山満智、須藤光迷、高井百子、高瀬大虫、田中白山、谷川水馬、玉田春陽子、堤てる夫、徳永正裕、野田冷峰、廣田可升、前島幻水、星川佳子、横山恭子(選句参加)

【投句参加2名】池内健治、山口斗詩子

(報告・谷川水馬)

 

 

Posted in 句会報告 | Leave a comment