Author Archives: 大澤 水牛

番町喜楽会第168回例会

「息白し」と「都鳥」を詠む 廣田可升さんが5点句でトップ 番町喜楽会は、令和元年12例会(通算168回)を12月7日(土)午後6時から、「息白し」と「都鳥」を兼題として九段下の千代田区立九段生涯学習館で開いた。投句者は2 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第184回例会

  37人参加「時雨」「木の葉髪」を詠む 反平さん「小夜時雨」で10点、豆乳さん「反骨も」9点で続く   日経俳句会は令和元年の11月例会(通算184回)を11月20日(水)に千代田区内神田の日経広告 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

秋の合同吟行会は房総横断

16人でチバニアン・養老温泉・大多喜を巡る 11月16,17日一泊二日の旅程で日経俳句会と番町喜楽会合同の房総半島の〝秘境〟養老渓谷と大多喜町を訪ねる吟行を催した。地磁気逆転で有名になったチバニアンの見学と、紅葉と温泉、 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

酔吟会第143回例会

  参加者24人、投句総数120句の最高記録 可升さん、「古書市」で六点句 酔吟会は令和元年第4回例会(平成31年1,3月を合わせると通算143回)を11月9日(土)午後1時から、東京・内神田の日経広告研究所( … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

第167回番町喜楽会例会

  秋晴れの午後、「立冬」と「七五三」を詠み合う 11月4日(月)午後3時、東京・九段下の千代田区生涯学習館で第167回番町喜楽会が開かれた。夏も秋も滅茶苦茶な天気が続いていたが、ようやく落ち着いてきたのだろう … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第183回例会

豆乳さん「大阪なおみ」で一席 女性が一人もいないという珍しい句会に 日経俳句会は10月16日(水)、令和元年度十月例会(通算183回)を千代田区内神田の日経広告研究所会議室で開いた。列島はこの秋二度目の台風に直撃され、大 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会第166回例会

「新米」と「渡り鳥」を詠む 金田青水さんが入会 番町喜楽会は、令和元年10月例会(通算166回)を10月5日(土)午後6時から、「新米」と「渡り鳥」を兼題として九段下の千代田区立九段生涯学習館で開いた。今回から日経俳句会 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第182回例会

  33人参加、「秋の声」「枝豆」詠む 実千代さん「あぐらの父」で最高10点   日経俳句会は令和元年9月例会(通算182回)を9月18日(水)に千代田区内神田の日経広告研究所会議室で開いた。生憎の雨 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

酔吟会第142回例会

玉田・廣田両氏が高点2句ずつ 3人が新たに参加、満席の賑わい 酔吟会は9月14日(土)午後1時から東京・内神田の日経広告研究所(MIFビル)8階会議室で、令和元年第3回例会(通算142回)を開いた。台風15号の直撃を受け … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会第165回例会を開催

「秋の雲」と「桔梗」を詠む 双歩さん「釣り糸」で7点、迷哲さん6点1句と3点が3句の大活躍 番町喜楽会は、令和元年9月例会(通算第165回)を、2日午後6時半から東京・九段下の千代田区立生涯学習館で行った。兼題は「秋の雲 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment