Author Archives: 大澤 水牛

番町喜楽会第188回

  兼題「秋の水」「紅葉」に20名が投句 玉田春陽子さん7点でトップ 番町喜楽会は、令和3年10月例会(通算188回)を10月2日(土)に「秋の水」と「紅葉」を兼題に開催した。投句者20名で、投句総数は100句 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

酔吟会第153回例会

緊急事態下メール句会が続く 「爽やか」「花野」に115句 最高6点に青水句と春陽子句 コロナ緊急事態宣言の中、酔吟会の9月例会(通算153回)は11日に今年4回目のメール句会を開催した。これ即ち今年に入ってから対面での句 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第202回例会

9ヵ月連続のメール句会に 35人で「野分」「相撲」を詠む 一席8点に而云・阿猿・鷹洋句など高点続々 日経俳句会の令和3年9月例会(通算202回)は、緊急事態宣言の延長に伴い9カ月連続のメール句会となった。兼題は「野分」と … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会187回

「釣瓶落し」と「松茸」を詠む 水牛さんが「瓜棚」8点でトップ 迷哲さん「海の果て」で次席6点に 番町喜楽会の令和3年9月の例会(通算第187回)は6日、東京・九段下の千代田区生涯学習館で対面で開催した。21人から投句があ … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第201回例会

反平句「気短」10点で一席 二席8点は「蝉の骸」双歩句 日経俳句会の令和3年8月例会(通算201回)は、感染爆発が止まらず、8カ月連続のメール句会となった。今年の8月は、コロナ、大雨、残暑と三重苦が続き、オリンピックの余 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会第186回例会

コロナ緊急事態宣言下で出席者わずか7人、投句13人 廣田可升さんの「虫」の句が8点でトップ、 次席に中村迷哲さんの5点句 番町喜楽会は、令和3年8月例会(通算186回)を8月7日(土)に「立秋」と「虫」を兼題とした句会を … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第200回例会

  最高8点に三代句と水牛句 メール句会に高点句目白押し 日経俳句会の令和3年7月例会(通算200回)は、4度目の緊急事態宣言の発令に伴い7カ月連続のメール句会となった。兼題は「三伏」と「団扇」。36人から10 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

酔吟会第152回例会

東京五輪直前メール句会 最高6点三薬句、4点、3点計20句 東京2020五輪開幕寸前のコロナ緊急事態宣言中とあって、7月の酔吟会は今年三回目のメール句会となった。兼題は「片蔭(かたかげ)」「汗(あせ)」で、23人が投句、 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会185回例会

久しぶりの対面句会、「雷」と「向日葵」を詠む 幻水さんの「無人駅」7点、水牛さん「ひやざけ」次席6点 番町喜楽会の令和3年7月の例会(通算第185回)は5日夕、久し振りに九段下の千代田区生涯学習館で対面で開催した。21人 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会令和3年度上期合同句会

  またまたメール句会。38人参加「麦秋」と「蝸牛」を詠む 「梅漬ける」水牛句11点、二席に「銀座の蝸牛」水馬句 日経俳句会は6月16日、令和3年度の上期合同句会をメール句会として開いた。何回目かの非常事態宣言 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment