Category Archives: 句会報告

番町喜楽会第197回例会

参加19人、「新涼」「茸」を詠む 最高7点は春陽子「毒茸」、二席に迷哲句、三席水馬句 番町喜楽会は8月6日(土)午後6時、九段下・千代田区生涯学習館で「新涼」と「茸」を兼題として令和4年8月例会(通算197回)を開催した … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第210回例会

「夏深し」と「滴り」を詠む 最高8点に「板の間」水兎句、二席に迷哲句と二堂句 日経俳句会は令和4年7月例会(通算210回)を20日(水)に鎌倉橋の日経広告研究所会議室で開いた。コロナ感染が急拡大していることもあり、出席者 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

酔吟会第157回例会開催、7月9日

  16人集まって「土用」「腹当」の猛暑句を詠み合う 岡田鷹洋さん5点、4点を連発 酔吟会は7月9日、千代田区立スポーツセンターで第157回例会を開催した。兼題は「土用」」と「腹当」。16人が参加し出句総数80 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会例会第196回

21人参加「梅雨明」と「金魚」を詠む 「夜更の金魚鉢」(可升)が10点でトップ 次席7点「金魚の墓」(双歩)、三席に水牛・光迷・木葉 番町喜楽会は令和4年7月の例会(通算第196回)を4日、東京・九段下の千代田区生涯学習 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

6・18紫陽花吟行を開催

19人で白山神社・小石川植物園を巡る 日経俳句会と番町喜楽会は合同で六月十八日(土)に、文京区の社寺と植物園を巡る紫陽花吟行を催行した。コロナ感染が下火となったことに加え、梅雨曇りで歩きやすい天気となり、参加者は十九人と … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会令和4年上期合同句会

39人で「虹」「黴」を詠む 最高点は迷哲さんの「黒靴」、定利さんが二、三席 日経俳句会は6月15日、内神田の日経広告研究所会議室で上期合同句会(通算34回)を開いた。コロナの影響でしばらく使えなかった会議室だが、半年ぶり … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

番町喜楽会第195回例会

20人で「芒種」と「時鳥」詠む 最高7点に光迷句と百子句 番町喜楽会は6月4日(土)に九段下の千代田区生涯学習館で、「芒種」と「時鳥」を兼題として令和4年6月例会(通算195回)を開催した。投句者は20人で、投句総数98 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

日経俳句会第209回例会

38人参加、「夏の山」と「飛魚」を詠む 最高8点に双歩句と水兎句 日経俳句会は令和4年5月例会(通算209回)を5月18日(水)に鎌倉橋の千代田区立スポーツセンター集会室で開いた。コロナ感染が落ち着いたこともあり、出席者 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

酔吟会第156回例会

「のらくろの街」森下で開催 「風薫る」「薔薇」を詠む 酔吟会は5月14日、千代田区立スポーツセンターの土曜日午後の予約が難しくなったため、江東区森下文化センターに場所を移して開催した。兼題は「風薫る」「薔薇」。欠席投句無 … Continue reading

Posted in 句会報告 | Leave a comment

コロナ鎮まり吟行再開

4月は塩山・桃源郷、5月は都電薔薇吟行 コロナウイルスの蔓延で二年間、新年の七福神巡りを別として、日経俳句会と番町喜楽会合同の本格的な吟行をやらずに過ごしてきた。しかし、令和4年に入ると、猖獗を極めたウイルスもようやくお … Continue reading

Posted in 句会報告, 未分類 | Leave a comment